admin

ニキビの傷跡は予防が肝心!正しいスキンケアで美肌を保とう!

ニキビ跡が残ってしまう原因

ニキビは皮膚上に発生する疾患の一種で、毛穴に汚れが詰まって炎症が生じた状態を指します。特に皮脂の分泌量が多い若年層の人が発症しやすい傾向がありますが、通常はそのまま放置すると自然に消滅します。しかし、汚れが詰まって膨らんだ毛穴は見栄えが悪く、場合によっては痒みが生じることもあるので無意識のうちに毟り取ってしまうことがあります。ニキビを毟った傷は皮膚組織の内側まで届くため、傷口が塞がる際に凹凸が生じやすくなります。中でも顔の皮膚は柔らかいので傷が深くなりやすく、ニキビ跡が大きく残りやすくなります。また、ニキビを毟り取った後の傷口に汚れが入り込んで細菌感染に見舞われるのも大きな凹凸が生じやすい原因の一つです。

ニキビ跡を作らないための心得について

ニキビ跡は一度形成されると消えずに残ってしまうので、見栄えを改善させるためには高額な費用がかかる美容外科治療を受けることになります。金銭の負担が大きく効果も個人によって差が大きいので、ニキビ跡が出来ないように肌の状態を良好に保つことが重要です。

ニキビ跡は表皮に形成されたニキビを力任せに毟ることで出来てしまうので、専門医がいる医療機関で適切な処置を受けるのが無難な対処法です。また、市販の薬剤を使う方法もありますが個人の体質によってはかぶれや痒みなどの不具合に見舞われるケースもあるので慎重に判断します。ニキビは不潔な状態を放置することで生じる他、体調不良も原因の一つです。こまめに体を洗って清潔な状態を保つ他、健康管理に気を配ってニキビ発生を防ぐのが美肌維持に繋がります。

ニキビ跡の治療なら、美容皮膚科への受診が最適です。高機能レーザー機器などで大幅に回復させることができます。

Related Posts